HOME » 知っておきたい!腎臓病の豆知識

知っておきたい!腎臓病の豆知識

新たな国民病として知られる腎臓病

腎臓の主な機能には、血液に溜まった老廃物の排出や、血圧の調整など、私たちの健康を維持する重要な役割があります。しかしながら、腎臓病患者は近年増え続けています。

腎臓病の代表として、糸球体腎炎やネフローゼ症候群などが挙げられますが、特に注目されているのが慢性腎臓病。簡単に言うと、腎臓の機能が60%未満に低下する状態を言います。

国民のうち約1,330万人の腎機能が60%低下していると言われ、何と成人の8人に1人が発症する身近な病気でもあります。

日常生活と関わりが深く、誰もがかかる可能性が・・・

その原因は主に糖尿病や高血圧など、いわゆる生活習慣病から発症する場合が多く、新たな国民病としても知られています。

初期では自覚症状も殆どないため「自分が慢性腎臓病であること」を知らないケースが多いのも特徴的。腎機能が低下すると、身体のむくみ、だるさ、多尿、頻尿などの症状が現れるので、これらの症状が自覚されるときは、慢性腎臓病にかかっている可能性が高いと言えるでしょう。

そのまま放置してしまうと、心筋梗塞や脳卒中を発症する危険性が高まるので要注意。慢性腎臓病は、食べ過ぎや偏食、運動不足など、普段の生活バランスを崩す事で発症する場合が多く、誰もがかかる可能性のある病気です。

まずは普段の生活を見直すことが重要。特に食事は、たんぱく質や塩分を抑える必要があるので、腎臓に負担をかけない食材の選び方や食事方法など、正しい理解を深めて実践を繰り返す事で、慢性腎臓病の予防対策を行いましょう。

 
pagetop
美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド