HOME » 体験!腎臓病食の宅配サービス » 腎臓病食の宅配サービスを利用してみました

腎臓病食の宅配サービスを利用してみました

今回、武蔵野フーズの健康宅配を試してみることになったのは、父が慢性腎不全と診断され、透析と食事療法にて症状を改善していくことになったためです。

食事療法の内容としては、腎臓への負担となるたんぱく質の制限。さらに、腎機能の低下によりナトリウムを排出する力が弱くなってしまっているそうなので、塩分も摂りすぎないようにとのことでした。
塩分はわかるのですが、たんぱく質の制限というのがなかなか難しいんです。制限だからといって全く摂らないのもダメだし、摂るにしても色んな食材からバランスよく摂りましょう、とのこと。

共働きのため全ての食事に手が回らない現状もあったので、医師から紹介してもらった武蔵野フーズの健康宅配を試してみようということになりました。

武蔵野フーズの健康宅配

さっそく武蔵野フーズの健康宅配を調べてみると、たんぱく質の調整食だけでも何種類かある様子。

大きく分けると、冷凍食の「健康美膳」と冷蔵食の「やすらぎ膳」の2種類。その2種類の中でも、またいくつかの種類がありました。
健康美膳は和洋折衷4パターンの中から選べる6色セット、やすらぎ膳は朝・昼・晩と1日3食分を毎日届けてくれるとのこと。

そこで今回は、比較がしやすいように健康美膳の中華風料理セットから「さばのピリ辛煮」を、やすらぎ膳は本日の献立のさばの「西京白みそ煮」をそれぞれ食べ比べてみることにしました。

一食分のボリュームがしっかりとありそうなので、父と半分ずついただきました。

健康美膳

まずは健康美膳から。
注文したのは、中華風料理のセット。今回食べた、さばのピリ辛煮のほかにも「回鍋肉」や「肉団子風中華クリーム煮」など美味しそうな料理が届きました。

そして、こちらが本日いただく「さばのピリ辛煮」です。

武蔵野フーズの健康宅配、健康美膳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電子レンジで温めて、お皿に盛りつけてみました。

武蔵野フーズの健康宅配、健康美膳、盛り付け

手前左から、
●さばのピリ辛煮
●ひじきの中華風サラダ
奥左から
●ビーフン炒め
●じゃがいもとキャベツのトマト炒め

となっています。

たんぱく質やカロリーを制限しているとは思えないくらい、ボリューム感のある見た目です。

それでは、早速いただいていきます。

 

さばのピリ辛煮

健康美膳、さばのピリ辛煮1健康美膳、さばのピリ辛煮2

あんかけの様な感じで、野菜(玉ねぎ、ニンジン、いんげん)がたくさんのっています。
ピリ辛ということで、あまり辛いものが得意ではない父には少し心配もありましたが、食べてみるとそこまで辛くなかったです。父も「美味しいね」と言ってくれて一安心。

 

ひじきの中華風サラダ

健康美膳、ひじきの中華風サラダ

一見、ひじきの煮物かと思いましたが、中華風サラダなのですね。さっぱりとした味付けで、とても食べやすかったです。
ひじきの他に、レンコンと赤パプリカ、グリーンピースが入っていました。

 
 
 

じゃがいもとキャベツのトマト炒め

健康美膳、じゃがいもとキャベツのトマト炒め

聞きなれない料理名と組み合わせに「んっ?」と思いましたが、想像以上に各食材の相性が良く、とても美味しくいただけました。父はちょっと酸味が強いかなということでしたが、私はちょうどよかったです。

 
 
 
 
 

ビーフン炒め

健康美膳、ビーフン炒め

名前の通り、シンプルなビーフン炒めです。薄味ではあるのですが、しいたけの出汁?がきいていて美味しかったです。
野菜も多く、ほうれん草・にら・しいたけ・ヤングコーンが入っていました。

中華ということで多少なりとも油っぽいのかなと思っていましたが、全然そんなことはなく、父も私もペロリといただきました。

 
さばのピリ辛煮
標準栄養成分1食あたり(229g)
エネルギー:334kcal ナトリウム:712mg
たんぱく質:8.5g カリウム:609mg
脂質:17.3g リン:136mg
炭水化物:33.0g 食塩相当量:1.8g

やすらぎ膳

続いては「やすらぎ膳」を食べてみました。
やすらぎ膳は冷蔵食品のため、その日の夕飯と翌日の朝・昼食の1日3食分を毎日届けてくれるシステムです。月ごとに献立が決まっているらしく、本日届いた夕食は「さばの西京白みそ煮」です。

こんな感じのパッケージで届きます。

武蔵野フーズの健康宅配、やすらぎ膳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも電子レンジで温め、お皿に盛りつけてみました。

武蔵野フーズの健康宅配、やすらぎ膳、盛り付け

手前左から
●ごはん(低たんぱく米)
●さばの西京白みそ煮
(メニュー表には記載がなかったのですが、一緒にほうれん草とタケノコのお浸しが付いていました)
奥左から
●ぜんまいの煮物
●大根サラダ

となっています。

 

こちらは上品な感じの見た目です。

それでは、早速いただいていきます。

さばの西京白みそ煮

やすらぎ膳、さばの西京みそ煮1やすらぎ膳、さばの西京みそ煮2

脂がのってふわっとした食感、臭みも全然ありません。白みそとの相性も良く、口に入れると甘みが広がります。
上に乗っている玉ねぎも、甘みを引き出すのに一役買っていますね。

 

ぜんまいの煮物

やすらぎ膳、ぜんまいの煮物

ダシの味が染みていて、美味しかったです。ぜんまいの他には、ニンジンとしいたけが入っていました。
父いわく、「田舎の味」ということでした。(もちろん良い意味で)

 
 
 
 
 

大根サラダ

やすらぎ膳、大根サラダ

大根とベーコンのみのシンプルなサラダ。食べてみると、しその香りが広がってすごくサッパリいただけました。
当たり前ですが、冷たいものが冷たい状態で食べられるのは冷蔵の強みですね!

 

全体的に優しい味で、手作り感を意識して作っているのかなと感じました。
健康美膳もそうだったのですが、さばに小骨が無くて食べやすかったです。
最近では当たり前のことなのかもしれませんが、こういった配慮は嬉しいですよね。

さばの西京白みそ煮
標準栄養成分1食あたり(低たんぱくご飯含む)
エネルギー:526kcal ナトリウム:812mg
たんぱく質:12.8g カリウム:496mg
脂質:13.3g リン:203mg
炭水化物:88.4g 食塩相当量:2.1g

食べ比べの感想

といった感じで、武蔵野フーズの健康宅配2種類を食べ比べてみました。
どちらも健康管理食ということを感じさせないくらいにボリュームもあり、味も美味しかったです!

食べ比べてみた感想としましては、基本的に大きな差は無いかな?といったところなのですが、個人的に感じたことをまとめてみると…

  • やすらぎ膳(冷蔵)より健康美膳(冷凍)のほうが、野菜は水っぽいかなという印象。さばの食感も、やすらぎ膳のほうが新鮮な感じがしました。でも、どちらも食べ比べないと気付かないような、ちょっとした違いです。
  • やすらぎ膳は「冷たいお料理は冷たいまま食べられる」というのが良いですね。毎日の食事ですから、いろんなお料理が食べれたほうが飽きないと思うので、ここはポイント高いです。
  • 当たり前ですが、賞味期限は冷凍の健康美膳のほうが長いです。やすらぎ膳と比べて半年近くも長いので、長期保存するのであれば健康美膳のほうがおすすめです。

といった感じです。

もちろん両方とも美味しくそれぞれの利点もありますので、家庭の状況に合わせて選んでみるのが良いかと思います。

私たちのところは共働きですべての食事に手が回らないので、1日3食セットの「やすらぎ膳」を続けてみることにしましたが、どれか1食だけを置き換えるのであれば「健康美膳」でも良いかもしれません。

 
pagetop
美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド