HOME » 体験!腎臓病食の宅配サービス » 宅配サービス利用者の声

宅配サービス利用者の声

宅配サービスの利用は、実に簡単。インターネットやカタログで希望の食事を選んで、電話やFAX、オンラインで注文するだけです。 

様々な宅配業者がありますが、だいたいどこの業者でも「お試しコース」や「1食のみ提供」などの、初めての利用者に嬉しいコースが用意されています。パンフレットなどである程度候補を絞り込んだら、その業者の食事を実際に注文、食べてみて自分に合うかどうか確かめてみてください。

一時的に「美味しい!」と思ってもメニュー数が少なければいずれは飽きてしまいます。長い目で見て、続けられそうだなと思う食事療法を選んでくださいね。

「家族の負担が減って笑顔に!」利用者の声~その1~

はじめに、腎臓病食を利用するA様夫婦のお話。 

奥様が糖尿病から腎臓病を併発してしまい、現在は1日おきの透析中。昔から奥様の体が弱かったこともあり、自然と料理をこなしていた旦那様でしたが、制限がうんと厳しくなる腎臓病食となれば話は別。始めのうちは何とかしようと奮闘したそうですが、やはり高齢の自分達には手作りの食事療法は無理。そこで医師に勧められたのが、宅配食だったそうです。 

「もう食べ始めて6年ほどになりますが、味付けに慣れてとっても美味しい。色々な献立が届くので、毎日飽きないんですよ」と奥様。旦那様は、自分で作った料理や買ってきたお惣菜を並べて二人仲良く笑顔で食事をしています。 

「宅配食のお陰で妻は調子がいいし、食事を考える負担がないので、お互い楽になって笑うようになったね」という旦那様の言葉通り、お二人は近所でも病院でも評判の仲良し夫婦。これからもずっと笑顔で過ごすために、宅配食を続けるそうです。 

「宅配食に出会えて感謝」利用者の声~その2~

続いて、息子さん夫婦と同居しているB様のお話。 

息子さん夫婦が共働きで、食事の用意を初めとする家事全般を担当していたB様ですが、数年前の健康診断で腎臓病と診断されました。家族と同じ食事では基準は守れないし、だからといって基準値以内の食事を正確に作れるかは不安。そこでおかずだけ宅配食を頼るようになりました。 

息子夫婦の料理の支度も「無理しないでいいよ」とは言われていますが、逆にこれがなくなってしまうと生活にハリがなくなってしまう気がするので今でも継続しています。生活習慣の維持と良い食事のお陰で、病状は幾分回復しているようで、健康とまではいかないですが元気に生活しています! 

配達員の方も親切で私の世間話を聞いてくれるし、お食事も美味しい。宅配食に出会って本当に感謝しています。 

以上、簡単に2家庭の例を紹介させていただきました。家族の負担も減り、心身ともに健康を維持できる宅配食。ぜひ一度試してみてください。

 
pagetop
美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド